ペット犬元気100選総合トップゴルフコース新着記事20世紀の出来事
ゴルフコース ゴルフクラブセレクト
さぁ、ゴルフをやってみよう!!
位置情報 ゴルフ場【ゴルフコース編】ゴルフ ゴルフクラブ【選び方編】
ゴルフ 最近の記事
位置情報 全米プロゴルフ選手権 梁容銀がアジア勢初のメジャー制覇
位置情報 ゴルフクラブは「新品と中古」
位置情報 ゴルフクラブの選び方【パター】
位置情報 アイアン
位置情報 フェアウェイウッド
>

コースに着いてからする事 その2

ゴルフコース ゴルフクラブ セレクト
コースに着いてからする事 その2



足利カントリークラブ 多幸コース

ゴルフ場に着いてからまずチェックする事は、現金の管理です。
一日中ゴルフ場にいる事も想定しておく必要があるので、現金はある程度持っておく必要があるでしょう。
食事などは、ゴルフコースを回る料金の中に含まれていることが多いのですが、ちょっと小腹が空いた場合の軽食や、喉が乾いた時の飲料水など、当然自分のお金で買う必要があります。
また、ボールを購入する場合にもお金が必要です。
そして、一つ重要になってくるのが、ゴルフコースを共に回るキャディーさんへのチップです。

日本にはチップという概念があまりないですよね。
なじみがないだけに、相場もあまりわからない、渡すタイミングもわからないという人が多いのではないでしょうか。
実際、渡さなくてもそれはそれで構いません。
アメリカや欧米諸国のように、渡して当たり前という風習もありませんから。
ただ、初めてラウンドを回る場合、やはり通常の人よりも苦労をかけることが多くなるでしょうから、それに対しての謝礼をあらかじめ渡しておくという意味では、チップを渡すというのは筋が通っている行為といえます。
もっとも、多くのゴルフ場のキャディーさんは、そうした金銭を受け取らないよう教育されているので、断ることが多いようです。
その為、茶店などで何か1,000〜2,000円程度のものを購入し、品物で渡すという手もあります。
そちらの方が受け取ってくれる確率は高いようです。
ゴルフコースを回る前の挨拶の時に渡すと良いでしょう。

このほか、ゴルフ場に着いたら車の管理もしっかりしておきましょう。
早朝の場合、冬場はまだ暗く、ライトをつけて運転します。
そして、ゴルフ場につく頃には明るくなってきているというケースがありますが、この際にライトを消し忘れる事も多々あります。
警告音が鳴るのですぐにわかるとは思いますが、万が一そのままにしてしまったらバッテリーがあがってしまいます。
必ず気を付けるようにしましょう。
もちろん、施錠忘れと貴重品の置き忘れにも注意が必要です。


アマチュア指導28年のプロ集団が開発したアマチュアのための
オリジナルゴルフクラブ満載。その他、リンクス、ファウンダース
などの海外ブランド品も取り扱い。アマチュアゴルファー必見のサイトです。明細はこちら≫
posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 05:53 | Comment(0) | ゴルフコース コースを回る準備は? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフコースを回る前にしておく事 その1

ゴルフコース ゴルフクラブ セレクト
ゴルフコースを回る前にしておく事 その1


茨城 浅見カントリー倶楽部
PR:オープンから31年。今や「名門コース」とも呼べる雰囲気を漂わせています。ゆったりとした雰囲気は、以前に日本プロ選手権の熱戦が展開されたとは思えないほどです。「本格的なトーナメントコース」というコンセプトとともに設計されたコースです。

位置情報ある程度練習と調整が終わり、後はゴルフコースでプレーする時を待つだけとなった時、いくつか確認しておく事があります。
ゴルフコースを回るに当たって、必要な道具がいくつかあるので、それを持っているかというチェックです。
まず、スコア表です。
ゴルフというのは、一つのホールで何打打った、というのがスコアとなるスポーツです。
厳密にいうと、そのホールのパーと比較してどうだったか、というのが重要なのです。

ゴルフコースにはその難易度と距離にあわせたパーという数字が決められています。
例えば、180ヤードくらいの距離のところにグリーンがあるショートホールの場合は、パー3となります。
つまり、3打でホールに入れることを目標としましょうという事です。
300ヤードくらいのコースだとパー4、400ヤード以上となるとパー5となります。
パー2以下や6以上のホールはありません。
パーより一打少ない打数でホールインできればバーティー、2打少ないとイーグル、3打少ないとアルバトロスとなります。
逆に1打多いとボギー、2打多いとダブルボギー、3打だとトリプルボギーとなります。
初心者の方はあまりスコアを気にする必要はないでしょう。

このほか、飲み物もあらかじめ購入してバッグの中に入れておくと良いでしょう。
そして重要なのがグリーンフォークです。
グリーンフォークというのは、グリーンにショットしたボールが乗った際にできる凹みを直す道具です。
グリーンは柔らかいので、ボールが落ちた時のショックで凹んでしまいます。
しかしそれを放置しておくと、他の人のパッティングに重大な影響を及ぼしますよね。
凹んだ箇所を直すのは、ゴルフ初心者であっても必ず必要なマナーです。



posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 06:12 | Comment(0) | ゴルフコース コースを回る準備は? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コースを回る準備は何をすればいい?

ゴルフコース ゴルフクラブ セレクト
コースを回る準備は何をすればいい?


綺麗に整備された ゴルフコース

ゴルフの場合、練習場で打ちっぱなしをするケースと、ゴルフコースを回るケースとでは、全く用意するものが違います。

まず、ゴルフ用具に関してです。
練習場で行う場合、クラブ、ボール、シューズや手袋は基本的にレンタル可能です。
つまり、基本的に何もなくても練習はできるのです。
もちろんレンタル料金は発生するので、練習場の使用料金とは別にお金が必要となります。
ボールに関しては使用料とセットになっている事も多いので、その辺りはしっかり事前に確認する必要があるでしょう。

一方、ゴルフコースを回る場合はどうでしょう。
一応、ゴルフ場にもレンタルをしている施設はあります。
ただ、練習とは違い、ゴルフコースを回る以上はできるだけ自分のクラブ、自分のシューズ、手袋で行うべきでしょう。
特にクラブに関しては、自分のクラブでなければなかなか上手くプレーできません。
一言でクラブといっても、その種類は様々で、全く同じ種類でもフィーリングが違うというのはよくあることです。
できる限り、日頃から手になじませておく必要があるでしょう。
尚、ボールに関しては購入する事になります。

ゴルフコースを回る場合は、事前の予約も必要ですし、移動手段の確保も必要です。
練習場の場合は都内や街中にありますが、ゴルフコースとなると、大抵は人里はなれた場所にあります。
そのため、交通機関を利用する場合は、自家用車、タクシー、バスといったところが一般的です。
この移動費用で相当かかってしまうケースもあります。
自家用車を持っている場合はいいですが、そうでない場合は、できるだけ一緒に回る人に乗せて行ってもらう方が良いでしょう。



posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 06:37 | Comment(0) | ゴルフコース コースを回る準備は? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。