ペット犬元気100選総合トップゴルフコース新着記事20世紀の出来事
ゴルフコース ゴルフクラブセレクト
さぁ、ゴルフをやってみよう!!
位置情報 ゴルフ場【ゴルフコース編】ゴルフ ゴルフクラブ【選び方編】
ゴルフ 最近の記事
位置情報 全米プロゴルフ選手権 梁容銀がアジア勢初のメジャー制覇
位置情報 ゴルフクラブは「新品と中古」
位置情報 ゴルフクラブの選び方【パター】
位置情報 アイアン
位置情報 フェアウェイウッド
>

ゴルフコースを回る費用は?




最低限のゴルフゴルフ道具 を揃えるのに、大体2〜3万円。
週に一度練習場に通うとして、一月にかかるお金は4,000円程度。
これを一年続けると、5万円くらいです。
つまり、ゴルフゴルフ を始める場合、最初の1年で6〜7万円くらいかかると考えて良いかと思います。

もちろん移動にかかる費用など、銀行その他雑費 や、道具の欠損、故障なども考えられるので、実際にはもうちょっとかかるでしょう。
10万円くらいを見ておくといいのではないでしょうか。
金額だけ見ると高いと思われるかもしれませんが、ひと月に換算すると1万円を切っています。
十分ATMお小遣い
でできる範囲です。
そんなゴルフですが、では実際にゴルフコースを回るとなると、どれくらいの料金がかかるのでしょう。
まず、ゴルフコースと一言で言っても、その値段は相当幅があります。
それだけではなく、平日か休日か、あるいは時間帯によって料金が変動します。
その為、一概にこの値段とはいえません。
ただ、平日の場合、安いところであれば1万円以内でも回れるところはあります。
最近はるんるんリーズナブル な値段設定にしているゴルフコースも多く、そういったところを利用すれば、それほど高い料金を払わなくても大丈夫です。
もちろんプロのトーナメントが行われているようなコースの場合はそれなりに高い料金を取られるでしょう。
ただ、そういうゴルフゴルフコース
はそれこそプロ並の腕を持たなければ、回る意味もあまりありません。
友達同士で回る場合はできるだけ安いコースを見つけるようにしましょう。
中には平日6,000円、休日1万円くらいのところもあります。
ビール食事 がついている場合もありますよ。



posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 09:25 | Comment(0) | ゴルフコース ゴルフコースを回る費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフクラブを選ぶ時の基準



近年、ゴルフクラブのドライバーを選ぶ時の新ルールが適合されました。

ドライバーに関して言うと1990年代後半辺りから「高反発」と言うのを開発テーマとして取り上げて来たように思えます。
「高反発」と言うのはフェースの肉厚部分を薄くする事により、ボールの反発力が高くなり速度が出る様な構造となっています。
この様なドライバーが出始めると同時に飛距離が飛躍的に伸びてしまった為に全米ゴルフ協会では規制を設けようとし、1998年にクラブの反発係数が0.830以上のクラブ使用を禁止する様な規制を出しました。
しかし、これはあくまでも全米ゴルフ協会の規定であった事から、英国ゴルフ協会である日本では適用外とされていた為に一部のプロツアーを除き、規制は関係ありませんでした。
しかし、2002年に両協会が共同提案をして、2008年からはプロアマ問わずに全米ゴルフ協会の規制を取り入れる様な形になりました。
ですから日本でも当然規定以上の高反発クラブが使えなくなったと言う事になります。
しかし、日本では日本ゴルフ協会がルールの一部を前倒しして施工すると発表し、日本ゴルフ協会が主催する競技では2006年以降高反発クラブを使用禁止すると言うルールを決定しました。
アマチュアの人がゴルフを楽しむのに高反発のクラブを使うのは2007年末までは自由だったのですが、2008年からは使用自体が禁止になった為に現在では規制がかかったゴルフクラブ選びが基準となっています。



posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | ゴルフコース ゴルフコースを回る費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。