ペット犬元気100選総合トップゴルフコース新着記事20世紀の出来事
ゴルフコース ゴルフクラブセレクト
さぁ、ゴルフをやってみよう!!
位置情報 ゴルフ場【ゴルフコース編】ゴルフ ゴルフクラブ【選び方編】
ゴルフ 最近の記事
位置情報 全米プロゴルフ選手権 梁容銀がアジア勢初のメジャー制覇
位置情報 ゴルフクラブは「新品と中古」
位置情報 ゴルフクラブの選び方【パター】
位置情報 アイアン
位置情報 フェアウェイウッド
>

ゴルフクラブを選ぶ時の基準

ゴルフコース ゴルフクラブ セレクト
ゴルフクラブを選ぶ時の基準


ゴルフを愛する全てのゴルファーへ


近年、ゴルフクラブのドライバーを選ぶ時の新ルールが適合されました。

ドライバーに関して言うと1990年代後半辺りから「高反発」と言うのを開発テーマとして取り上げて来たように思えます。
「高反発」と言うのはフェースの肉厚部分を薄くする事により、ボールの反発力が高くなり速度が出る様な構造となっています。この様なドライバーが出始めると同時に飛距離が飛躍的に伸びてしまった為に全米ゴルフ協会では規制を設けようとし、1998年にクラブの反発係数が0.830以上のクラブ使用を禁止する様な規制を出しました。

しかし、これはあくまでも全米ゴルフ協会の規定であった事から、英国ゴルフ協会である日本では適用外とされていた為に一部のプロツアーを除き、規制は関係ありませんでした。

しかし、2002年に米英両協会が共同提案をして、2008年からはプロアマ問わずに全米ゴルフ協会の規制を取り入れる様な形になりました。ですから日本でも当然規定以上の高反発クラブが使えなくなったと言う事になります。

しかし、日本では日本ゴルフ協会がルールの一部を前倒しして施工すると発表し、日本ゴルフ協会が主催する競技では2006年以降高反発クラブを使用禁止すると言うルールを決定しました。

アマチュアの人がゴルフを楽しむのに高反発のクラブを使うのは2007年末までは自由だったのですが、2008年からは使用自体が禁止になった為に現在では規制がかかったゴルフクラブ選びが基準となっています。

本格派ゴルファーのためのゴルフマガジン『GOLF DIGEST』

毎号、自動的にお手元に届けます!
posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 06:23 | Comment(0) | ゴルフコース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コースに着いてからする事 その2

ゴルフコース ゴルフクラブ セレクト
コースに着いてからすること その2

ゴルフ場に着いてからまずチェックする事は、現金の管理です。
一日中ゴルフ場にいる事も想定しておく必要があるので、現金はある程度持っておく必要があるでしょう。
食事などは、ゴルフコースを回る料金の中に含まれていることが多いのですが、ちょっと小腹が空いた場合の軽食や、喉が乾いた時の飲料水など、当然自分のお金で買う必要があります。
また、ボールを購入する場合にもお金が必要です。
そして、一つ重要になってくるのが、ゴルフコースを共に回るキャディーさんへのチップです。

日本にはチップという概念があまりないですよね。
なじみがないだけに、相場もあまりわからない、渡すタイミングもわからないという人が多いのではないでしょうか。
実際、渡さなくてもそれはそれで構いません。
アメリカや欧米諸国のように、渡して当たり前という風習もありませんから。
ただ、初めてラウンドを回る場合、やはり通常の人よりも苦労をかけることが多くなるでしょうから、それに対しての謝礼をあらかじめ渡しておくという意味では、チップを渡すというのは筋が通っている行為といえます。
もっとも、多くのゴルフ場のキャディーさんは、そうした金銭を受け取らないよう教育されているので、断ることが多いようです。
その為、茶店などで何か1,000?2,000円程度のものを購入し、品物で渡すという手もあります。
そちらの方が受け取ってくれる確率は高いようです。
ゴルフコースを回る前の挨拶の時に渡すと良いでしょう。

このほか、ゴルフ場に着いたら車の管理もしっかりしておきましょう。
早朝の場合、冬場はまだ暗く、ライトをつけて運転します。
そして、ゴルフ場につく頃には明るくなってきているというケースがありますが、この際にライトを消し忘れる事も多々あります。
警告音が鳴るのですぐにわかるとは思いますが、万が一そのままにしてしまったらバッテリーがあがってしまいます。
必ず気を付けるようにしましょう。
もちろん、施錠忘れと貴重品の置き忘れにも注意が必要です。



posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ゴルフコース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コースに着いてからする事 その1

ゴルフコース ゴルフクラブ セレクト
コースに着いてからする事 その1


鶴カントリー倶楽部 宇都宮コース

ゴルフ場までの道のりをしっかり確認し、天気もしっかり確認したら、次はいよいよ出発です。
自家用車、もしくは他の人から乗せていってもらいゴルフコースまでいく場合は、駐車場の確認もしておきましょう。
もっとも、駐車場のないゴルフコースはまずないので、これに関してはそこまで重要というわけではありません。
あくまで念のためです。

ゴルフ場に着いたら、やることはかなりあります。
まず駐車場に車を止める前に、ゴルフ場の入り口に止めてから道具を出します。
ゴルフ道具は係員、キャディーさんに預ける事になります。
たいていの場合は入り口で係員の人が待っています。
その人に預けましょう。
ゴルフ道具はゴルフバッグに詰めておく事になりますが、そのバッグには必ずネームプレートをつけておきましょう。
どのバッグが誰のかをすぐわかるようにしておかないと、トラブルの元になります。

それが終わったら、車を駐車場に停めます。
当然、変な場所に留めるのはNGです。
最低限のマナーなので、しっかり守りましょう。
また、車上荒らしに合わないようしっかり施錠し、車の中に現金や貴重品を入れないようにしましょう。
ゴルフコースの駐車場はどうしてもそういった車上荒らしの標的になりやすいのです。
お金を持っている人のスポーツという印象が強いのと、拘束時間が長い分荒らしやすいというのがあるからです。
絶対に施錠を怠らないようにしましょう。
複数で乗ってきている場合は、後ろのドアの施錠も注意しましょう。


本格派ゴルファーのためのゴルフマガジン『GOLF DIGEST』

毎号、自動的にお手元に届けます!
posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 06:11 | Comment(0) | ゴルフコース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフクラブを本気で選ぶ

ゴルフコース ゴルフクラブ セレクト
ゴルフクラブを本気で選ぶ

ゴルフクラブについて本当に知ろうと勉強する場合、とても時間がかかると思います。
何故ゴルフクラブの事を知るのにそんなに時間がかかるのでしょうか?
例えばドライバーですが、ヘッドだけ見ても大きいヘッドの方が使いやすい人、小さいヘッドの方が使いやすい人と分かれるでしょうし、シャフトもしなりが大きい方がいい人、あまりしならない方がいい人と分かれるでしょう。
これだけ見ても組み合わせを考えたら結構な組み合わせになりますよね。
ゴルフクラブと言うのは、ヘッド+シャフト+グリップが組み合わされて構成されている物です。
その一つ一つに種類が豊富にあり、特性がそれぞれ違います。
ですからすべての事を理解しなくてはならないとなると本当にたくさんの事を覚えなくてはならなくなります。
最初から全部覚えようとすると途中で投げ出したくなってしまうと思うので、今はヘッド+シャフト+グリップを組み合わせると色々特性も変わってくるのだと言う事から理解していくのが良いと思います。
自分に合ったゴルフクラブを選ぶと言う時には、まず自分がどうやってスイングをしているのかきちんと特徴を知っておく必要があります。ヘッドスピード、スイングの切り返しタイミングなど全てクラブ選びに関係があります。
自分のベストクラブと言うのはそこから見つけるのですがそれだけでもかなり容易な事ではないと言う事が分かると思います。
自分で考えて選択するにはあまりにも難しいと思ったら、ゴルフショップの人に相談してみてはいかがでしょうか?
詳細な自分のデータを測ってもらい分析してもらい、マッチしたクラブを選んでくれると思いますよ。


posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | ゴルフクラブセレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフを上達させるためのクラブの選び方

ゴルフコース ゴルフクラブ セレクト
ゴルフを上達させるためのクラブの選び方



ゴルフのスコアが最近伸びなくて悩んでいるとか、もっともっとゴルフが上手くなりたいとか思っていたりしませんか?スイングを直さなくてはならないと言うのは良く分かっているのですが、スイングを直さなくてもスコアを伸ばす事が可能だとしたら嬉しくないですか?そんな夢みたいな話本当にあるのでしょうか?

それがあるのですよ。何かと言うと「自分に合うクラブを選んで、それを使う事!」です。聞くだけだととても簡単な事だと思いませんか?

ゴルフクラブと言うのは、本当に特性が色々ありシャフト、ヘッド、重量、その人のスイングなどで色々変わってしまいます。

例えば、ボールが上がらなくて悩んでいる人は、ボールが上がるクラブを使うとか、ドライバーがどうしても右に曲がってしまう人は曲がらないようなクラブを使うとか、飛距離が出なくて悩んでいる人は、飛距離を簡単に出す事が出来るクラブを使うとか本当に色々あると思います。

女子のプロゴルフプレーヤーを見ていても分かると思いますが、ヘッドスピードがそんなに早い訳ではないのに、一般の男性より遠くに飛ばす事が出来るのは、技術はもちろんですが自分の力を活かしている、自分に合ったピッタリのクラブを使っている事も大きいと思います。

自分が出来ない事をクラブで補ってもらい、力を最大限に引き出すと言うのもその人の技術の内だと思います。そうする事で確実にスコアが伸びる様になると思いますよ。

ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能!
posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 06:45 | Comment(0) | ゴルフクラブセレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフクラブの選び方に関する事

ゴルフコース ゴルフクラブ セレクト
ゴルフクラブの選び方に関すること

ゴルフクラブを選ぶ時に最も興味があるのは「ドライバー」の選び方なのじゃないかと思います。
ドライバーはゴルフの一番最初に使うクラブ、即ち飛ばせるクラブである事から飛ばせるドライバーに集中して興味が注がれて来た様な気がします。
しかし近年チタンドライバーと言う物が登場して来てからは、ドライバーのクラブ選びも大きく変わってきたのではないかと思います。
飛距離ももちろん大切ですが、自分のスキルに合ったスペックのドライバーを選ぶ事がとても大きな鍵になると思います。
出来るのであればそう言う専門家とショップに行くか、ショップの店員などと一緒にロフトやフェース角等を測ってもらいながら選べれば更に良いと思います。
初心者の場合はこの様に知識を持った人にアドバイスを受けながら選ぶのが基本的なゴルフクラブの選び方だと思います。
まずヘッドのロフト選定をします。ヘッドスピードによって異なりますが、低スピンで高く上げる事により距離を出す様なクラブが増えていますので自分の力と見極めながら購入しなければなりません。
またシャフト、硬さ、重さなど自由に組み合わせると言うのは市販ではなかなか難しい為、ある程度のスペックの物がデータで標示されています。ハードヒッターの様な飛ばし屋用のドライバーなどを初心者では選ばない様に注意しましょう。
ゴルフクラブは選ぼうとすると何十通りものスペックの中から選ばなければならないと言う事になります。ある程度知識がある方と一緒に購入する様にしましょう。



posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | ゴルフクラブセレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コースに着くまでにする事

ゴルフコース ゴルフクラブ セレクト
コースに着くまでにすること

準備が終わり、いざ当日ゴルフコースに足を運ぶとなった時、すべき事は結構あります。
まず、天気をしっかり確認する事です。
ゴルフは一日かけて行うスポーツ。
つまり、一日のほとんどを野外で過ごす事になります。

夏場の暑い時期、冬場の寒い時期には温度を、そして天候をしっかり確認しておく必要があります。
夏であれば、水分補給をしっかり行う準備をしておかなくてはなりません。
当然、帽子などの太陽光に対しての準備も怠ってはいけません。
太陽を遮るような建築物もないため、太陽対策を怠るととんでもない事になります。
ゴルフ場では、毎年多くの人が日射病や熱射病で倒れます。
必ず気をつけるようにしてください。

冬の場合はできるだけ厚着をしていってください。
寒さで手が震えるようでは、まともなゴルフにはなりません。
ゴルフコースはある程度木々に囲まれてはいますが、開けた場所も多く、そこでは寒風がそのまま体に突き刺さる事になります。
風邪を引かないよう、十分な対策を施してください。

次に移動手段に関しては事前に決めてあるかと思いますが、ゴルフコースまでの道のり、距離をしっかり確認しておく事を強くお勧めします。
なぜかというと、ゴルフコースを回るのが予約制だからです。
もし予定時刻に遅れるとなると、ゴルフ場、そして他に予約を入れている人の迷惑になるのです。
必ず予定時刻までには着くよう、しっかり確認しておいてください。
遅刻する事は、自分達だけの問題ではないのです。



posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ゴルフコース 着いてからすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コースを回る準備は何をすればいい?

ゴルフコース ゴルフクラブ セレクト
コースを回る準備は何をすればいい?


綺麗に整備された ゴルフコース

ゴルフの場合、練習場で打ちっぱなしをするケースと、ゴルフコースを回るケースとでは、全く用意するものが違います。

まず、ゴルフ用具に関してです。
練習場で行う場合、クラブ、ボール、シューズや手袋は基本的にレンタル可能です。
つまり、基本的に何もなくても練習はできるのです。
もちろんレンタル料金は発生するので、練習場の使用料金とは別にお金が必要となります。
ボールに関しては使用料とセットになっている事も多いので、その辺りはしっかり事前に確認する必要があるでしょう。

一方、ゴルフコースを回る場合はどうでしょう。
一応、ゴルフ場にもレンタルをしている施設はあります。
ただ、練習とは違い、ゴルフコースを回る以上はできるだけ自分のクラブ、自分のシューズ、手袋で行うべきでしょう。
特にクラブに関しては、自分のクラブでなければなかなか上手くプレーできません。
一言でクラブといっても、その種類は様々で、全く同じ種類でもフィーリングが違うというのはよくあることです。
できる限り、日頃から手になじませておく必要があるでしょう。
尚、ボールに関しては購入する事になります。

ゴルフコースを回る場合は、事前の予約も必要ですし、移動手段の確保も必要です。
練習場の場合は都内や街中にありますが、ゴルフコースとなると、大抵は人里はなれた場所にあります。
そのため、交通機関を利用する場合は、自家用車、タクシー、バスといったところが一般的です。
この移動費用で相当かかってしまうケースもあります。
自家用車を持っている場合はいいですが、そうでない場合は、できるだけ一緒に回る人に乗せて行ってもらう方が良いでしょう。



posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 06:37 | Comment(0) | ゴルフコース コースを回る準備は? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフクラブを選ぶ【アイアンの種類】

ゴルフコースゴルフ クラブセレクト
ゴルフクラブを選ぶ【アイアンの種類】

ゴルフクラブを購入する前にアイアンの種類についてきちんと知っておいた方がいいと思うので、説明してみたいと思います。

ゴルフクラブを購入するさい、ウッド(特にドライバー)と、アイアンの違いと言うのは何だと思いますか?形状が違うのはもちろんですが、意味合い的に言ってもウッドは飛距離を出す事を目的としています。逆にアイアンはコントロールを目的としているクラブです。この点が大きく違うのではないかと思います。

アイアンは元々ヘッドの部分がメタル素材で出来ていました。しかし最近ではチタンを使ったり、軟鉄製複合構造の物を使ったりとかなり進化してきています。

クラブの長さはウッドと比べてみると短く作られていて、形状も板状で薄く、三角錐みたいなヘッドをしています。ウッドの丸みがあるヘッドとは違いますよね。

アイアンの目的は正確なコントロール性を要求する事ですので、種類も1?9番と本数も多くその番手により飛距離を変える事が出来ます。更にバンカーで使用するSW、グリーン周りで使用するAW、グリーンへ寄せるLWなど種類も多いです。

アイアンの番手の見方は、数字が小さい程距離が出る様な構造になっています。あまり距離を出さずに上に上げたい時には番手が大きいクラブを選ぶと良いと思います。

また最近はカーボン素材で出来たシャフトに人気が集まっているのですが、根強くスチールのシャフトを好む人も多いです。こう言った特性を良く活かし、自分に合ったアイアンを選ぶのが良いと思います。



posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | ゴルフクラブセレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュニア世代のゴルフクラブ選び

ゴルフコース ゴルフクラブ セレクト
ジュニア世代のゴルフクラブの選び方



ジュニア世代の子供の場合、ゴルフクラブの選び方はどうしたら良いと思いますか?
身長や年齢に合わせて選ぶクラブの長さも変わってくると思います。例えば150センチ以下の身長の子供は大人用長さがあるクラブを振る事自体が難しいと思いますし、構える事自体も難しくなってくると思います。また小学生位の小さい子の場合には、大人と同等の体力や体重があるとは思えませんので、クラブの長さを短くしてスイングしやすいようにしてあげればそんなに力がなくてもボールを飛ばせるようになると思います。
この長さを考えると言う事は年齢で分ける物ではありません。小学生でも大人以上の身長の子供もいるので千差万別です。
ですから身長を考えた上でゴルフクラブを選ぶようにしてあげましょう。
メーカー側もこの点をきちんと考えているせいか、ジュニア用のゴルフクラブは大抵3種類位のスペックで用意されています。
基準は身長と年齢に応じてです。基準は身長になると思いますので子供に合ったスペックの物を選ぶようにしましょう。
次に中学生以上のお子さんについてですが、中学生ともなると体力や身長など大人と同じ様な感じになってきます。
ですからジュニア用を敢えて選ぶ必要は無いと思います。
例えば身長や体重が平均より下回っている方なら男女問わず女性用を選ぶ方が良いと思いますし、平均、またはそれ以上だとしたら大人の初心者用のクラブを選んであげればベストなのではないかと思います。




posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 06:17 | Comment(0) | ゴルフコース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフは忍耐のスポーツ?

ゴルフコースを回る際、状況によってはかなりコースが混雑しているというケースもあります。
皆さんも御存知の通り、石川遼くんの登場、そして活躍によって、影響を受けた人がかなり多く、ゴルフ人口が現在飛躍的に増えてきています。

それまではクラブを持ってはいるけどあまり積極的にプレーする事もなかったという中年の方が、このブームに乗ってゴルフコースに出かける、というケースがかなり多いようです。
その為、休日になると人気コースはかなり人が集まります。
そうなると、自分達がプレーする前後にも別の人達がプレーする事になります。
それも、かなり詰まった状態です。

その際、よくあるトラブルが、待ち時間によるものと言われています。
簡単に言えば、どこかの組がプレーを遅らせた為、その後に回る人達が待たされてしまい、それでモメるというパターンです。
ゴルフコースは18ホールありますが、基本的には好きなところを回るのではなく、最初の第1ホールから順番に回っていきます。
ですから、ここが遅れているから別のコースに行こうというわけには行きません。
交通渋滞と同じで、一つの道路が詰まった場合、別の道路には行けません。
前が空くのを待つしかないのです。

そういったこともあり、ゴルフコースを回るのは忍耐が必要です。
忍耐のない人が休日にコースを訪れると、トラブルになりかねないのです。
プレーの遅れは、例えば初心者の人達であれば普通に起こる事。
それに対してあまり目くじらを立てず、忍耐強く待つというのも、マナーの一つです。


posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ゴルフコース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフコース セルフプレー

ゴルフコース
セルフプレーとは


ゴルフには、セルフプレーというものがあります。
初心者の方は、こういったプレーもあるということを覚えておくと便利かと思います。

ゴルフというのは通常、自分だけでは行いません。
キャディーさんがついてきます。
プロの試合を見たことがある人は分かるかと思いますが、キャディーさんはゴルフをプレイするにあたり、様々な役割を担っています。
クラブの入ったキャディーバッグを担ぎ、選手と共に移動し、選手の指示したクラブを差し出します。
グリーン上ではピンを抜いてパットを待ちます。
プロの場合、クラブの選択、パターのラインの読みなど、選手と共に行い、時に助言し、時に励まし、時に話し合って共にプレイするのがキャディーなのです。

そんなキャディーさんは、初心者の方にはとても重要な存在です。
マナーやクラブの選択など、様々な事をキャディーさんは教えてくれます。
ゴルフ場に関しては、キャディーさんが一番詳しいので、そのゴルフコースに関する情報を聞くには、キャディーさんに聞くのが一番なのです。

ただ、中には自分ひとりでゴルフコースを回りたいという人もいるでしょう。
そういう人向けのプレーが、セルフプレーと呼ばれる、一人でゴルフコースを回るプレーです。


このセルフプレーのメリットは、料金がやや安くなる点です。
キャディーを使わないので、当然その分の人件費が安くなるのです。
少しでも安くプレーしたい場合は、セルフプレーでもいいかもしれません。
ただし、初心者の方はできるだけキャディーさんと一緒に回った方が良いでしょう。

ゴルフ場予約サイト 楽天GORAリアルタイムにいつでもどこでも予約可能!
posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 06:07 | Comment(0) | ゴルフコース セルフプレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性がゴルフクラブを選ぶ場合

ゴルフコース ゴルフクラブセレクト
女性がゴルフクラブを選ぶ場合

ゴルフクラブを選ぶ際に一番大切な事は何だと思いますか?
それは自分の力に見合った重さのゴルフクラブを選ぶ事にあります。
これは男女に共通して言える事で、特に女性の場合にはデザインや色重視と同じ位の重要視で重さも選ぶ様にして下さいね。
ではどの位の重さがあるクラブを選んだらいいのでしょうか?
女性がゴルフクラブを初めて購入する際に、自分に力が無いからと軽いクラブを選んでしまいがちですが、逆に初心者の場合には重いクラブを選んだ方が良いと思います。
何故かと言うとある程度重さがある方がクラブを振りやすく、身体や腰を使ったスイングを身につけやすくなるからです。
重量の目安ですが、体力に自信のある方(今スポーツをしているとか)の場合には、ドライバーは270〜300g辺りが良いのではないかと、アイアン(ここでは7番を基準にして)は、340〜360g辺りが良いのではないかと思います。
また体力があまり無いと実感している方の場合には、体力がある人より10gずつ減らした方が良いと思います。
これはちなみにの話ですが、女子プロゴルファーの人達はレディース用のクラブではなく、男性用のクラブを使って打っています。
それ程の体力があると言う事なのかもしれませんが、今のゴルフクラブと言うのは本当に軽く作られているのでシャフトの硬さなども考えてみると男性用でも充分に使いこなせると言う事なのです。
レディース用ではちょっと違うなと思ったら男性用のクラブも考えてみても良いかもしれませんね。


posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | ゴルフクラブセレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフクラブは体格に合わせて選ぼう

ゴルフクラブを選ぶポイントとしては体格に合うようなクラブを選ぶ事も大切です。
ゴルフクラブに関しては身長とクラブの長さを比例させて選ぶ必要は無いと思います。テレビ等でプロを見ていて分かるかと思いますが、身長の差はあってもクラブの長さは大体同じ位だと言う事が分かると思います。
初心者や中上級者に関係なく、ドライバーならば長さは44〜45インチ位が良いと思うし、5番アイアン位なら長さは38インチ位が主に使われる長さだと思います。
ヘッドとシャフトが織りなす角度と言うのをライ角と言う様に呼ぶのですが、この角度を合わせると言う事がすごく大切になります。
ライ角はまずボールを打つ様にクラブを構えてみます。そしてヘッドの先端部分が5ミリ位浮くような感じのクラブを選べばベストだと思います。
この「ライ角」を基準にしてクラブを合わせる様にしてみると身長には関係なくアドレスがやりやすくなると思います。そうするとスイングが上手く出来る様になると思います。
では5番アイアン、一般男性が選ぶライ角を基準にして考えてみると、身長が170以下の場合、ライ角60度前後がお勧めです。
175位の場合には61度前後がお勧めです。180以上になりますと62度前後の方がお勧めです。
これを基準にして選んでみてはいかがでしょうか?
次にアイアンのシャフトについてですが、素材はカーボンだったりスチールだったりありますが、初心者の場合にはスチール素材の方がいいのではないかと思います。
初心者の場合、重みがあった方がクラブを振りやすいと思いますので身体をきちんと使ってスイングが出来る様になると思います。


posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | ゴルフクラブセレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフコースを回る為には予約が必要

ゴルフコースを回る為には、色々と準備が必要です。
まず、最初に行うのは、ゴルフコースの選択です。
どのゴルフ場を利用するのかというのを決めない事には、何もできませんから。

初心者の場合は、地理的な問題が一番かと思います。
よほど値段的に差異がない場合は、最寄りのゴルフ場で問題ないでしょう。
ただし、休日は混む、難易度が高すぎるというゴルフ場を回避したい場合は、そこがどういったゴルフ場なのかという事をしっかり考える必要があります。

また、ゴルフコースを回る為には、そのゴルフ場に予約を入れる必要があります。
ゴルフ場の場合、いきなり訪れて回らせてくれ、では通じません。
他にも利用者がいるので、時間が重ならないようなタイムスケジュールをしっかり組む必要があるからです。
よって、コースを回る為にはあらかじめ予約をしなくてはなりません。
既に何度も利用している場合は電話一本で問題なくできるでしょうが、まだ一度もコースを回った事のない人は、どうすればいいか迷うところですよね。

そこでお勧めしたいのが、インターネット上のホームページの利用です。
ホームページにはゴルフ場の様々なデータや傾向が乗っている事もあるので、どういった人が利用しているゴルフ場かわかりますし、電話番号や住所もそこで調べられます。
更に、そのホームページ上で予約が可能です。

予約は必要事項を入力するだけなので、難しくはありません。
予約状況もわかるので、いつなら大丈夫というのも一目瞭然。
混み合っているかどうかもそれでわかります。
是非利用してみてください。


posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ゴルフコース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフコース パブリックコースとメンバーコース

ゴルフコース
パブリックコースとメンバーコース




位置情報ゴルフコース を回る場合、当然そのゴルフ場を利用するわけですが、例えばそのゴルフ場をホームページで検索した場合、「会員権」という言葉が目に付くかと思います。
この会員権とは一体何なのでしょう。
会員権とは、その ゴルフコースの会員になった人の持つ権利です。
つまり、会員制度の事ですね。
沢山のサービス業で取られている制度なので、難しい事はないかと思います。

この会員制、 ゴルフコースにおいてはかなり重要で、中には会員登録されていないとお断りというゴルフ場もあります。
とはいえ、初心者の方はいきなり会員になる必要はありません。
会員になるには入会費が必要です。
ただ、それを払って得られる恩恵というのは、ある程度そのゴルフ場を長期的に利用する事が明確になってからです。
その為、まず自分がゴルフというスポーツに向いているかどうか、そのコースがあっているかどうかを見極めてから、会員制度を利用するのが望ましいでしょう。

多くのゴルフ場には、パブリックコースとメンバーコースがあります。
会員でなくても利用できるのがパブリックコースで、会員限定の ゴルフコースがメンバーコースです。
会員でない場合はパブリックコースを利用する事になります。
この 位置情報ゴルフコースが格段にメンバーコースより劣るということはないので、問題なく利用できるかと思います。
ただ、メンバーコースの場合は、ある程度優遇されますし、休日でも込み合う事がないので、より快適にプレーする事ができるでしょう。
尚、ほとんどのゴルフ場においては、会員の紹介があれば会員権を持たなくてもメンバーコースを回る事ができます。

ゴルフをこよなく愛するゴルファーが、 ゴルフコースの楽しさを満喫できる雑誌『GOLF TODAY』

送料無料で毎号お手元にお届けします!
posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 08:17 | Comment(0) | ゴルフコース パブリックとメンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフクラブは「新品」と「中古」とどちらがいいのか?

ゴルフクラブを買おうとする時、値段も安くないので悩むのは新品がいいのか、中古がいいのかと言う事だと思います。
ちょっと前まではゴルフクラブを買うのだったら「新品」じゃなきゃって思ってゴルフショップに行く人の方が多かったと思いますが、今では中古やオークションなどを利用している人もかなり増えて来ているようです。それにあやかってか、近年大型の中古ショップなどがたくさんオープンしています。内容も充実していて、品揃え、安い、買い取り等メリットも数多くあります。
中古品を手に入れるにはインターネットを利用したオークションや中古ショップなどもありますが、初心者の方の場合は実際に中古ショップを利用する事をお勧めしたいと思います。
では、中古ショップの魅力と言うのは一体何だと思いますか?
ゴルフクラブが安く買える事!もちろんそれは凄い魅力だと思いますが、それだけではありません。今の中古ショップには旧モデルはもちろんの事、最新モデルも買う事が出来るのです。
それも安く!何故そんな事が出来るかと言うと、最新モデルをいち早く買った人が実際に使ってみたら自分には合わなくて、査定が高いうちに打ってしまうと言うケースが結構あるそうです。
また貰い物だとか何かの景品だとかで全く使っていない新品も中古ショップに持ち込まれる事も多いようです。
そこが中古ショップのお得な所で、全くの新品でもショップに売られた時点で「中古」と言う扱いになりますので、格安で手に入れる事が出来るのです。

posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | ゴルフクラブセレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフコースを回る時間はどれくらいかかるの?

実際にゴルフコースを回る場合、果たしてどれくらい時間がかかるものなのでしょうか。
打ちっぱなしであれば、1時間、2時間と時間単位で料金が決まっている事がほとんどで、それ以内の時間でやめても問題はありません。
一方のゴルフコースの場合、一人で回るにしてもキャディーさんがいますし、自分の都合だけでは時間短縮が難しいという性質があります。
それを踏まえた上で、実際にゴルフコースを回るとどれくらい時間がかかるかを検証していきましょう。


まず、ゴルフというスポーツはアウト9ホール、イン9ホールの計18ホールを回る事になります。
かなり長丁場となるスポーツです。
大体、一つのホールに10分強くらいはかかります。
もちろん、一緒にプレイする人数にも寄りますが、大体平均するとこのくらいでしょう。
これが9ホール続くと100分以上。
更に、移動時間を考えると、大体150分くらいはかかるのではないでしょうか。
2時間半ということです。
つまり、18ホール全てプレイするという事は、競技時間だけで5時間はかかるという事です。
これだけ時間を使うスポーツというのはまずありません。


しかも、この5時間という数字はあくまでもスムーズにいった場合です。
例えば、休日のゴルファーが込み合う時間帯の場合、先にプレイしている人達が遅れる可能性があります。
もちろん、ゴルフというスポーツは、前の組がまだグリーン上にいる状態でボールを打つ事は許されません。
前の組が終わるのを待ちます。
そうなると、更に時間がかかります。
年齢によっては、休憩時間もある程度長めに取らないといけません。
その為、結論を言えば、ほぼ丸1日かかると考えて良いでしょう。





posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 06:30 | Comment(0) | ゴルフコース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフクラブの選び方【パター】




パターは大きく分類するとピンタイプ、マレットタイプ、L字型タイプと3つに分ける事が出来ます。パター選びはとても重要で、ゴルフのスコアを良くするにはパッティングにかかっていると言っていい程重要だと思います。

ゴルフショップに行くとたくさんパターが置いてあるグリーンがありますよね。そこで実際に売ってみて打ちやすさとか確かめてみるのが良いと思います。最初はそこで打つ事事態が恥ずかしいとは思いますが、皆やっていますので、恥ずかしがらずに打ってみましょう。上記3つの中で初心者にお勧めのパターと言うと「ピンタイプ」「マレットタイプ」の2つだと思います。

【ピンタイプ】
ヘッドにあるトウ&ヒールと言う部分が特に重く作られているタイプでミスショットに強い事から初心者にはお勧めのパターだと思います。名前の由来ですがアメリカの「ピン」と言うメーカーがこの形を作った事から同じ様な形状の物は全て「ピンタイプ」と言う様に言われています。

【マレットタイプ】
ヘッドが蒲鉾の様に丸い形をしているパターでヘッドだけ見るとウッドクラブの様な感じです。重心を深くしてある為にパターのヘッドを動かすのは他に比べてスムーズですが、その分スイートエリアは狭くなります。しかし最近ではこのヘッドが更に大きい物もある様でフォローがしやすくなったりスイートエリアが広がったりと良い事ずくめのパターとなっています。

とにかく購入時には試打する事が決め手となりますので、必ず打ってから購入する様にしましょう。





posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | ゴルフクラブセレクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフの練習はどれくらいお金がかかる?


ゴルフ道具を揃える場合、最低2〜3万円でどうにでもなります。
ただ、これが全ての費用というわけではありません。
ゴルフの練習をする為には、その場所を確保する必要があります。


と言っても、どこかの場所を貸しきるとか、そういう意味ではありません。
「打ちっぱなし」と呼ばれるゴルフ練習場に行く、という意味です。
最近、河川敷などでゴルフの練習をする大人が急増しています。
これは絶対に真似しないで下さい。
万が一、そういった場所で練習していてボールが通行人に当たった場合、傷害罪などの罪に問われます。
それ以前に、そういった場所で練習をするのは条例違反です。
必ず、ゴルフ練習場で練習を行うようにしてください。


ゴルフ練習場にいく場合、大体時間制の打ち放題になっています。
料金は練習場によりけりですが、目安としては2時間1,000円くらいと考えて良いかと思います。
玉数制限の場合もあるので、一概に1,000円あればいいというわけではありません。
ある程度余裕を持っておくと良いでしょう。
練習場の中には、カードを使用できるところもあるので、そういう場合は問題ないかと思います。

ゴルフコースを回るのと比較した場合、練習場の使用料金はかなり安いといえます。
とはいえ、ゴルフコースにはゴルフコースのよさがあるので、比較はできません。
ただ、まだ初心者の段階では、こういった練習場に通う事をお勧めします。
2時間で1,000円くらいなら、それほど高いというわけでもありませんよね。


posted by ゴルフクラブ ゴルフコース 記録の細道 at 06:45 | Comment(0) | ゴルフコース ゴルフの練習費用は? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。